だんな

だんなは義足~脚を切るという決断~

だんなは義足


ABOUT DANNAでも紹介しているように、だんなは義足ユーザーです。

義足歴もそこそこ長く、新聞や雑誌、WEBメディアからの取材もちょこちょこあるそうです。義足の良さを広めたいということから、取材はほぼお断りしないようなので、思い切ってよめもだんなに取材してみることにしました!

今回は、脚を切った経緯について、よめだから言えるあんなことやこんなことも交えながら聞いていきたいと思います。

 

脚を切った経緯を教えて!


♣ よめ ♥ だんな

それでは早速ですが、脚はいつ切ったんでしょう?

♥ 2008年12月9日です。当時30歳のことでした。

ほうほう…よめ19歳のあの時期に…。

♥ ………。そう、友達とご飯を食べて帰るところだったんです。JR環状線の福島駅で別れたんですが、そこからは記憶がないんです。意識がないまま病院に運ばれ、ホームから落ちて電車に轢かれたという事実は後から知りました。

なるほど。運ばれた時点で既に脚は切れてたんでしょうか?

♥ いえ、ちょっと生々しい話になっちゃうんですが…。実は左脚はまだ微妙に残っている状態でした。とはいえ、脚の付け根から10cmくらいしかありませんでしたが。
右脚も右脚で、看護師さんが言うには「骨から腱からフルオープン」の状態だったそうです。さらには頭も外傷性くも膜下出血で。

うわ…これぞ満身創痍。ところで、今左脚は股関節からない状態ですよね?残っていた付け根から10cm部分は何故なくなったんですか?

♥ 感染が止まらなかったんですよ。検査値でいうとCRPが20から下がらなかったんです。

CRPが20以上…。基準値が0.3以下って言われてますから、もういつ何が起こってもおかしくないレベルですね。細菌感染恐るべし。

♥ うん、線路って汚いから…。油も付いてるし…。ネズミとかゴキ〇リも生息してるし、きれいなものではないですよね。
結局、その感染による炎症が治まらなくて残りの10cmも切ることになったんです。

「切る」ということに躊躇はなかったんですか?

♥ うーん、なかったですね。切らないと義足を履く条件が悪かったですし。それに検査の数値や担当医の表情から「切ったほうが良いんだろうな」って思ったので。手術をしてくれる先生のことを信じようと思いました。

良い先生だったんですね。

♥ そうなんです。以前、北海道の学会でお会いしてご飯を食べに行きました!

ほうほう。ところで、もうこの時点で「義足を履く」と決断してたのですか?車椅子の生活を選んだりと色々選択肢がありそうな気もしますが。

♥ 義足が履けるってわかって即決してました。だって歩きたいじゃないですか!(女の子と

 

入院中の印象的なことを教えて!


入院中は色々あったと思いますが、忘れられないことについて教えて頂きたいと思います!まずは辛かったことは何でしょう?

♥ 植皮の処置!植皮のしょちいいいいいいいいいいいい‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼右脚がフルオープンだったもので、背中から皮を取ったんですよ。だから、皮を取られた背中はガーゼを貼って処置してたんです。でも、このガーゼ交換が地獄でした。ガーゼをはがすたびに過呼吸になるくらい痛くて。脚を切ったのに、なんで背中が痛いんだと思いましたね。

うわー、なんか背中痛くなってきた…。

♥ そんな私の様子を見て妹が言ったことが今でも忘れられません…。あいつ、「あはははは!こんなに心が折れた人初めて見たー!はははは!」って言ったんですよ!ヒドイでしょ!
その他にも、意識をなくして運ばれたばかりのときに、顔がパンパンになった私の顔を指して「にいちゃん、ほんとはカッコイイんですよ!!」って言ったり。

つまり「今顔ヒドイ」と?

♥ そういうことでしょうね。あとは、脚がなくなった様子を「にいちゃん、CG(で消した)みたい!」とか。

つまり「脚ないね」と。

♥ はい。電車に轢かれたと聞いて、東京から駆けつけてきてずっと側にいてくれた妹ですが…。色々とありました…。

野田家の逸材ですからね。ところで、入院中の嬉しかったことって何でしょう?

♥ 色々あるんですが…。職場の人がみんな来てくれたことですかね。あとは、年末にお世話になってる部長さん3人が来てくれたんです。私が「早く職場に戻りたいです」と伝えると、「SE人生、あと何十年とあるんだから、ちゃんと治して帰ってきてください」って言われたときは本当に嬉しくて泣きましたね。

えっ?泣いたんですか?

♥ 泣きますよ~!

オ…オニの目にも涙…

♥ ………👹👹👹(オニの顔)

 

まわりも自分も信じて


病院の先生や看護師、家族、見舞いに来てくれる友人や職場の人、そして自分を信じて入院期間を乗り切ったのだなというのがみえてきました。

自分のだんなですが、言わせてください。

だんな良い子じゃ…!!!!

次回は義足との出会いについて、取材を続けていきたいと思います!

ではまたー!

 

Leave a Reply

Required fields are marked*