ステーショナリー

万年筆がこのお値段で!?PLATINUM万年筆preppy

万年筆って高い…


昨日、銀座の伊東屋さんに遊びに行ってきました!文具好きを語りながらも万年筆を使ったことはあまりなかったので、ちょっと試してみたいな~と思っていたんですよね。

なのですが…実際万年筆が揃えられている階に行くと、何だかちょっと空気が違う…。スーツを着た店員さんが、手袋をしてガラスケースから万年筆を取り出してたり。万年筆の扱いが宝石と一緒。

というのも、売られている万年筆のお値段がものすごかったんです。
50万とか100万の万年筆がズラリと並んでいて。ハンパないっす。初心者がウン万の万年筆を使うってのもなぁ…と思って、ささーっと退陣しましたとさ。

 

驚きの安さ!preppy万年筆!


万レベルではなく、1000~3000円で売っている比較的お安めの万年筆もあります。でも、もっと気軽に使える万年筆はないのか…。ということで文房具屋さんでみつけてきました!!

PLATINUMのpreppy!

なんと、こちら200円ほどで買えちゃいます୧꒰*´꒳`*꒱૭✧安い!!
しかも、preppyは万年筆の最大の悩みである「インクの乾燥」を防ぐ構造になっているのだそう。1年間使っていなくても乾燥しないそうなので、しばらくぶりに使っても「インクがカスカスー(´;δ;`)ううう」という心配もなし!200円でこれ。素晴らしい!

 

気になる書き味は?


インクの粘度によって書き味は異なりますが、preppyはサラサラとした書き味です!

今回は太すぎず、どんなシーンにも馴染みやすい極細02と細字03をチョイスしました。ですが、もっと本格的な書き味と評価の高い中字05も販売されています。

ペン先は摩耗に強い特殊合金を使用しているらしいので「ペン先がすぐに潰れてダメになる」ってこともなさそうですね。

 

まずは気軽に万年筆デビュー


万年筆で文字を書くと、何だか丁寧な気持ちになります。

手紙を贈るときにも
大事な書類にサインするときにも
お気に入りのノートに日記を綴るときも

丁寧に書かれた文字と、万年筆独特の字の擦れ感が温かみを与えてくれるんじゃないかと思います。ますは、安くてカートリッジインクのあるPLATINUMのpreppyから始めてみませんか?

やっぱり万年筆はブルーブラックがオススメ!

カートリッジはこちら

Leave a Reply

Required fields are marked*